徹底したコスト意識が利益を生む

TOPページ > 徹底したコスト意識が利益を生む

コラム第133回:徹底したコスト意識が「利益」を生む。

行政書士は、売上よりも利益を重視した方が筋肉質で健全な事業経営ができます。

ドラッカーも、「利益」は人間でいえば「血液」のようなものと言ってます。

血液がなくなったら生きていけない。即廃業。

売上がばんばんたっても、コストがかさんで利益が出なければ、何のこっちゃ分かりませんがな。です。

売上を上げるのって、マーケティングして、集客して、クロージングして、結構大変ですよね。

既存顧客に売るならまだしも、新規顧客からの売上となるとそりゃ大変です。

集客にはお金がかかります。広告宣伝費がかかる。

てっとり早く、利益を出す方法、それは目下の「徹底したコスト管理」です。

行政書士は1人事務所がほとんどですけど、コストカットできる部分って多いと思うんですよね。

今なら、クラウド使えば、ほぼ無料で業務効率上げれます。マイクロソフトオフィスだってクラウドサービスで安くなってますしね。うちも事務所にPCが6台ありますから、全部にオフィス入れてたら、結構な値段になるのですが、「365」使えばめっちゃ安いですよ。

「コストカット=利益増」ですから、みなさまぜひ取り組んでみてくださいね。

まあ色々とあると思います。

  • 事務所備品にお金を使いすぎていないか?オフィス内は必要最小限の備品でOKではないか?
  • 無駄に車を保有していないか?電車の方が安くないか?
  • 外注費は下げれないか?
  • 無駄なチラシにお金を使ってないか?リスティングの方が効果的ではないか?
  • 通信費は抑えれないか?

これら以外にも生産性を下げずしてコストカットできる部分って、いくらでもあると思います。

ただ、注意点もあります。金は天下のまわりものとも言われてます。

コストカットばかりに目がいって、貧乏臭い、または超ケチな経営者になってしまってはいけませんよ。

お金も回らないし、仕事も来なくなりますからね。

バランスが大事です。

生産性のあるものにはバンバンお金を使ってください。生産性のないものは徹底してコストカットしてください。

売上も大事ですけど、1人行政書士事務所の場合は、特に利益に重点を置いて経営してみてくださいね。

1人の場合、こなせる業務数(売上の上限)も限られてくるし、売上を上げ過ぎたら、消費税の問題だって出てきますから。笑

1人事務所の売上に関しては、過去にも書いてますから、併せてご覧ください。

■関連ページ:1人行政書士事務所の月商(売上)は70~100万円が限界?

<スポンサードリンク>

【2,400人が読んでいる日本最大級の行政書士専門メールマガジンのご案内】

24歳で開業。現在11年目に突入。開業3ヶ月目で売上100万円突破。2年目に事務所を法人化。月商700万円超。売上倍増の軌跡と、「金ナシ、コネナシ、実務経験ナシ」の弱者でも成功できる行政書士開業ノウハウを、余すことなく無料で公開中。メールマガジン購読者限定の特典もあります。

ご希望の方はメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。
解除はいつでも可能です。

「この記事は役に立った」と思っていただけましたら、下のボタンより、共有をお願いいたします。今後の記事更新のモチベーションUPになります!


このエントリーをはてなブックマークに追加

◇次のページ → コラム第134回:「地域+業務名」でサイトを作るなら安売りするな。

過去のコラム・バックナンバーはこちらから

Copyright(C)2017 行政書士開業.com ~現役行政書士による開業コラム・実務書式集~ All Rights Reserved.