お悩み解決。行政書士の確定申告はこれでOK?おすすめの記帳・確定申告アプリ。

TOPページ > お悩み解決。行政書士の確定申告はこれでOK?おすすめの記帳・確定申告アプリ。

コラム第159回:お悩み解決!行政書士の確定申告はこれでOK?おすすめの記帳・確定申告アプリ。

今年の確定申告も無事終わられましたか?

(おかげさまで開業から売上・利益ともに右肩上がり(但し、微増。笑)を継続させていただいております)

いやー年が明けてからが早い!もう今年も1/4が終わろうとしています。確定申告が終わったら年度末の繁忙期。繁忙期がすぎればGW、お盆と続いて9月のシルバーウィーク。あっという間に年末なんだろうな。というより、日本は祝日が多いような気がするのですが。。行政書士は平日営業日数が多くてなんぼの世界ですから、祝日は極力少ないほうがいいのだけれど。。なんっちゃって。

僕は確定申告はすべて税理士さんにお願いしていますが、それでも記帳は自分でやってます。この時期はまあまあ大変です。分からないことがあれば全部聞けますし、節税アドバイス等もしていただけるので、ありがたいですが^^

僕も、開業当初は会計記帳と確定申告を自分でやってました。

はっきり言って大変です。

弥生会計買ってきて、簿記3級の勉強をして。。と。

そこまでは良かったのですが。

毎日記帳ができれば問題ないところ、業務で忙しくてコツコツなんてやってられませんでした。夜になったら疲れて果てて記帳どころではありません。笑

確定申告の時期が近づいてくると、それはもうブルーで。笑

何ヶ月分もの未記帳資料の山。半年前とかになってくると、その領収証が何だったかも忘れてしまったり。苦笑

たかが一人事務所の確定申告なのに、本業に影響を出してしまってどうするんだと。。。

で、今は税理士さんがいるからストレスフリーなわけですが(納税額が増えてその分ブルーです)、最初から顧問税理士を付けるのも勇気がいると思います。

で、オススメなのがこれです。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

以前もこのコラムで紹介しましたが、売上1000万円くらいまでなら、十分だと思います。知り合いの税理士さんも悪くはないと言ってましたから^^

PS.

今日、まさに税理士から確定申告の控えが届いたのですが、ふるさと納税っていいですね。所得控除なので、所得額にもよりますけど、使わない手はないと思います。特産品がもらえて、控除もされるんですからね。みなさんもぜひ、お試しください。

時間つぶしにこのサイトいいですよ。笑 →ふるさと納税ポータルサイト:ふるさとチョイス

<スポンサードリンク>

【2,400人が読んでいる日本最大級の行政書士専門メールマガジンのご案内】

24歳で開業。現在11年目に突入。開業3ヶ月目で売上100万円突破。2年目に事務所を法人化。月商700万円超。売上倍増の軌跡と、「金ナシ、コネナシ、実務経験ナシ」の弱者でも成功できる行政書士開業ノウハウを、余すことなく無料で公開中。メールマガジン購読者限定の特典もあります。

ご希望の方はメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。
解除はいつでも可能です。

「この記事は役に立った」と思っていただけましたら、下のボタンより、共有をお願いいたします。今後の記事更新のモチベーションUPになります!


このエントリーをはてなブックマークに追加

◇次のページ → コラム第160回:即戦力は外部に求める(行政書士業務獲得法)。

過去のコラム・バックナンバーはこちらから

Copyright(C)2017 行政書士開業.com ~現役行政書士による開業コラム・実務書式集~ All Rights Reserved.