失敗するのが怖くて開業できない?

TOPページ > 失敗するのが怖くて開業できない?

コラム第157回:失敗するのが怖くて開業できない?

独立開業成功と失敗

開業を検討中の方からのご相談で

「開業してもうまくいくかどうが不安で開業を迷ってます」

こんな感じのご相談は凄く多いです。

あなたが、もし、同じように悩んでいるとしたら

「偶然の成功よりも失敗の方が得るものは多い」

こう考えると、すごく気が楽になりませんか?

行政書士開業をお考えのみなさん、失敗が怖いですか?

そりゃそうですよね^^;でも、冷静になって考えてみてください。

失敗したら、どんなことが起きますでしょうか?大体のリスクは想定できませんか?

たとえば下記のようなリスクを想定することができますね。

  1. 地道に貯金してきた数百万円のお金が飛んで行く。
  2. これまで培ってきた周囲からの信頼が無くなる。
  3. 家族を露頭に迷わせてしまう。

1は、当たり前です。そのくらいのリスクは背負って開業しましょう。

数百万のお金を失って失敗できるのなら儲けものです。次へのステップになります。

それだけ投資して仕事がゼロってことはまずあり得ませんから。

失敗する可能性が100%でないのであれば、やるべきです。開業すべきです。

なんのために行政書士試験を受けたのか。

忙しい中、受験勉強をしてなんのために合格されたのでしょうか?

行政書士として成功するためですよね?自分の夢をかなえるためですよね?

法律業として社会に貢献するためですよね?

何度か試験に落ちて合格された方。勉強時間は全て無駄でしたか?

そんなことはありませんよね。

その努力、費やした勉強時間はあたなの血となり、骨となっているはずです。

2については、考える必要はありません。

失敗したからといって、自分の周りから去って行くような人は、どうせその程度の関係の人です。

本当に自分を大切に思ってくれる人は、挑戦するあたなを応援してくれるし、失敗したからといって、あなたを責めたりはしません。

むしろ応援してくれると思います。

「よく頑張ったね、次があるからまたがんばろう」

と励ましてくれるはず。

たとえ親族であってもそんなに長い目で見てくれる人なんてそうはいないよ?と、思われましたか?

たしかにそうかもしれません。

でも、起業ってそんなものです。

周囲に反対されたからと言って、自分の意志を押し殺して、開業を断念しますか?

その程度の意識なら開業は止めましょう。

いつまで経っても成功しませんから。サラリーマンを続けましょう。

3については、難しいところです。

扶養家族がいらっしゃるのであれば、たっぷりと貯金をした上で、かつ、借金を抱えない程度の挑戦が良いかと思います。

万が一、事業投資で資金が底を突いた場合は、またどこかに勤めるか、アルバイトをして貯金して、なんとか家族を養いつつ、再挑戦できますから。

借金を作ってしまうと、それもままならない。

多額の貯金をもとに一気呵成の勢いでチャレンジする必要があるでしょう。

<失敗の必要性>

僕は20代で開業して10年以上経営者をやってますから、はっきり言いますけど、開業したら絶対に色々と失敗しますよ(笑)。

これはもう自明の理です。

誰がやっても避けられないことなんです。

そう思ってください。あなただけが失敗するのではないです。

一度も失敗しないで成功する方法を探すのは、時間の無駄です。

そうではなくて、上記のリスクを踏まえて上で、失敗を覚悟して開業する姿勢が大切です。

月並みですが、失敗から学ぶことって本当に多いですから。

失敗を糧に経営して、徐々に精度を上げていけばいいんです。

まあ可能性は少ないですが、いきなり成功することだってありますから。何事もやってみないと分かりません。

「行政書士で開業して食べていけますか?」

というバカみたいな質問が本当に多いのですが、そんなメンタルで開業しても早晩廃業の憂き目に遭います。

「食べていけますか?」みたいな発想をしている人は、開業しても成功することは無理なので、開業しないでください。

「食べていけますか?」

じゃなくて、

「自分は行政書士という職業で絶対に成功するんだ。」

「行政書士で絶対に食べていくんだ。」

というメンタルと自信を持って、開業するんです。

そうすると、引き寄せの法則が働いて、同じようなメンタルを持った人が集まってきます。

お互いに良い刺激をもらえるし、高め合えますよね。これが本当の人脈です。

逆もまた然り。

「行政書士なんて食べていけないよ」。

なんて、ゴミのようなメンタルを持った人にはその程度のレベルに人しか寄ってきません。

絶対廃業しますよね。

10年前の開業当初から知り合いで、今も活躍している周りの行政書士の中に、「食べていけますか?」的なメンタルの方は、一人もいませんでしたよ。

逆に、

行政書士って利益率もいいし、美味しい商売ですよね。

とか、

行政書士って仕事少ないと思ってましたけど、いざ開業したら、意外に仕事って落ちてるもんですね。

とか、

そんな感じに言う人が多い。

リスクヘッジは大事ですけど、失敗を恐れずにチャレンジしちゃってる人の方が成功している率が高い気がします。

要は積極的な思考で取り組んだ結果の失敗は、偶然の成功よりも何十倍も価値があるということです。

今、僕がこうやって、あなたにコラムを書いていられるのも、10年間挑戦し続けて、だれよりも多く失敗と成功を繰り返し、蓄積したノウハウがあるからです。

本気で事業に取り組んだ人にしかできない「人脈」があります。

本気で広告投資した人にしか得ることができない「ノウハウ」があります。

すべては、成功へのステップだと思えばいいんです。

失敗出来ない人は成功もできませんので^^

<スポンサードリンク>

【2,400人が読んでいる日本最大級の行政書士専門メールマガジンのご案内】

24歳で開業。現在11年目に突入。開業3ヶ月目で売上100万円突破。2年目に事務所を法人化。月商700万円超。売上倍増の軌跡と、「金ナシ、コネナシ、実務経験ナシ」の弱者でも成功できる行政書士開業ノウハウを、余すことなく無料で公開中。メールマガジン購読者限定の特典もあります。

ご希望の方はメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。
解除はいつでも可能です。

「この記事は役に立った」と思っていただけましたら、下のボタンより、共有をお願いいたします。今後の記事更新のモチベーションUPになります!


このエントリーをはてなブックマークに追加

◇次のページ → コラム第158回:組織化への第一歩、マンパワーの確保

過去のコラム・バックナンバーはこちらから

Copyright(C)2017 行政書士開業.com ~現役行政書士による開業コラム・実務書式集~ All Rights Reserved.