WEB集客の肝は訪問者のアクション!

TOPページ > WEB集客の肝は訪問者のアクション!

コラム第147回:WEB集客の肝は訪問者のアクション!

インターネット集客の肝は、訪問者にいかにアクションを起こしてもらうか。これに尽きます。

  • 電話をしてほしいのか
  • メール問い合わせがほしいのか
  • 資料請求してほしいのか
  • メルマガ登録してほしいのか
  • SNS登録してほしいのか(フェイスブックのいいね!を押してほしいのか、ツイッターでつぶやいてほしいのか)
  • リピートしてもらうためにブックマークしてほしいのか

等々。

訪問者に求める行動。

これがはっきりしてないホームページは問題外。

インターネット上には情報が溢れかえっていますから、基本、依頼者はどうしたらいいのか常に、迷っています。同じような業務、サービスがひしめいていれば尚更です。

ホームページ上では、訪問者に「具体的にどんなアクションがほしいのか」をサービス提供者側が明確に伝えなければなりません。

次に、「こうしたら(どんなアクションを起こしたら)あなたの利益になりますよ」と行政書士側が教えてあげないといけません。

訪問者って、基本的にはアクションを起こすのがめちゃくちゃ面倒なのです。

メールフォームから問い合わせをするにも、名前からメールアドレス、住所、電話番号等、何から何までバリバリの個人情報を入力しないといけない。

第三者にも紹介したくなるような魅力的なサイトであり、且つ、求めるアクションへと適切に誘導してくれるサイトでなければ、訪問者はアクションを起こしません。

訪問者からすれば、「アクションを起こす=リスク」なのです。

そのリスクとは、アクションを起こす手間だったり時間だったり、個人情報だったりします。リスクを取ってもそれ以上のメリットがある(またはあると思わせる)サイトでなければ、だめなのです。

自分の立場になって考えればそうですよね?

雑多な情報しか載っていなくて、

・信用に欠ける、
・問い合わせをしてほしいのかほしくないのかわからない、
・オファーがなんなのかわからない、

そんなサイトに問い合わせはしないと思います。

自分の購買行動(ここでは問い合わせやメルマガ登録、資料請求など)をかえりみることによって、自ずと自社サイトをどんなサイトにすればいいか、わかってくると思います。

考え、考え尽くしてテストする。データを取ってまた改善する。

WEB集客はその繰り返しです。その繰り返しの作業の中で、決して忘れてはならないのが訪問者の「視点」です。

<スポンサードリンク>

【2,400人が読んでいる日本最大級の行政書士専門メールマガジンのご案内】

24歳で開業。現在11年目に突入。開業3ヶ月目で売上100万円突破。2年目に事務所を法人化。月商700万円超。売上倍増の軌跡と、「金ナシ、コネナシ、実務経験ナシ」の弱者でも成功できる行政書士開業ノウハウを、余すことなく無料で公開中。メールマガジン購読者限定の特典もあります。

ご希望の方はメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。
解除はいつでも可能です。

「この記事は役に立った」と思っていただけましたら、下のボタンより、共有をお願いいたします。今後の記事更新のモチベーションUPになります!


このエントリーをはてなブックマークに追加

◇次のページ → コラム第148回:新人行政書士さんはもっともっと自信を持っていいのである!

過去のコラム・バックナンバーはこちらから

Copyright(C)2017 行政書士開業.com ~現役行政書士による開業コラム・実務書式集~ All Rights Reserved.