無料相談ハンターに気をつけよう:コラム第124回。

TOPページ > 無料相談ハンターに気をつけよう:コラム第124回。

コラム第124回:無料相談ハンターに気をつけよう

所謂、教えて君です。

依頼する気なんてないのに、何でも、何度でも、聞いてくる。

無料相談ハンターはそもそも我々の業務(商品)を「買いたい」とは思っていないのだから、相手にしてはなりません。

廉価版の業務(商品)があれば、それを売る方法も考えられますが、買う可能性は低い。

買いたくないものは、いくら安くなっても買いたくないのです。時間は有限。無料相談ハンターは追いかけても無駄です。

インターネットで集客すると、一定数どうしても紛れ込んできます。世の中には色んな方がいるので、仕方ありません。

どう排除するかが重要です。

HPを立ち上げて最初のうちは、反応があったことのみをもって心が躍り、メール相談も電話相談も、際限なく、時間をかけて丁寧な対応をしてしまうこともあろうかと思います。

ネット集客は、最初は目に見えないお客さんとのやり取りから始まります。なかなか分かりにくいのでは?と思われますよね。そうです。最初は難しいです。良いお客さんを装ってきたりしますから。

ネット集客では、ファーストコンタクトはどうしてもメールや電話がメインになります。

だからこそ、難しい。これは経験値を積むことでしか、判別の精度を上げるのは難しいのではないかなと思います。

うちは毎月何百本と電話を受けますから、経験則上のパターンは挙げることができますので、参考にしてください。

無料相談ハンターにもパターンがある

  1. 名乗らない
  2. 電話や面談の場合、開口一番、「教えてほしいんですけど~」という
  3. メール問い合わせの場合、初回から質問がめちゃくちゃ多い

こんな感じだと、無料相談ハンターである可能性がぐっと高まります。気をつけてくださいね。

あと、ホームページの作り方、見せ方も大事です。無料相談を全面に押し出しているような見せ方をしてると、やはり増えます。

無料相談を武器に集客を考えている場合は、無料相談の範囲を具体的に明記しておくと良いでしょうね。

回数制限を設けるとか。やり方はいくらでもあると思います。

大切なお客様を大事にするためにも、お金にならない、無駄でしかない無料相談ハンターに時間を割くのはやめましょう。その時間を大事なお客様のために使ってください。

以上、参考になれば幸いです。

【2,400人以上が購読。日本最大級の行政書士専門メールマガジン】

24歳で開業。現在11年目に突入。開業3ヶ月目で売上100万円突破。2年目に事務所を法人化。月商700万円超。売上倍増の軌跡と、「金ナシ、コネナシ、実務経験ナシ」の弱者でも成功できる行政書士開業ノウハウを、余すことなく無料で公開中。メールマガジン購読者限定の特典もあります。

ご希望の方はメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。
解除はいつでも可能です。

【行政書士業ライター募集】

行政書士業務分野に関する記事を執筆できるライターを募集します。

時給1,000円(1時間あたり最低1,000文字の執筆必須)文字単価1円

建設業許可、産廃許可、外国人手続き(在留資格、帰化、永住、資格外活動等)

※他士業のコンテンツ作成ライターも募集しております。お問い合わせはこちらから。備考欄に「ライター応募」とご記入の上、送信くださいませ。

◇次のページ → コラム第125回:行政書士がやっているセミナーとか何の役にも立たない。ひたすら手だけを動かそう。

過去のコラム・バックナンバーはこちらから

Copyright(C)2017 行政書士開業.com ~現役行政書士による開業コラム・実務書式集~ All Rights Reserved.