事務所経営を安定させるために必要な2つのスキル:コラム第101回。

TOPページ > 事務所経営を安定させるために必要な2つのスキル:コラム第101回。

コラム第101回:事務所経営を安定させるために必要な2つのスキル。

前回、齋藤先生が「経営を安定させるためにこそ理念が重要」と、題して心構えの面から重要な教えを書いてくれました。

僕は今回、ビジネス的な観点から「事務所経営を安定させるために必要なこと」をサラッともう少し解説を加えたいと思います。

1.実務力

まず大前提ですが、「実務力」がない方は行政書士としてやっていけません。

一旦看板を掲げれば、ベテランも新人もないわけで、「新人だから」という言い訳は一切通用しません。

新人や開業年数がある程度経っても実務経験がない方は、まずお金を惜しまずに実務書籍を購入して勉強したり、条文をしっかり読み込んだり、書士会のやっている部会・勉強会に出たり最低限の努力をして下さい。

その上で、こういうの買うのも良いでしょう。

→ 行政書士書式フルキット

こういうのに参加するのも良いでしょう。

→ 行政書士の学校

※銀座の石下先生が開催されているスクールです。

実務が出来ないと話にならないので、可能な限り実務力を上げるべく勉強することは必須です。

基礎知識をしっかりと身に付けた上で、あとはOJTでやりながら磨きをかけていくしかありません。

2.集客力

行政書士業務に限ったことではないですが、なかなかオンリーワンサービスなんて生まれません。

あなたがやっていることは、大抵、他の事務所もやっているし、出来ます。

お客様からしたら成果物は同じなわけですから(会社設立や許可取得ですので)、オンリーワンになんてなりようもないし、差別化だってほとんどつけられません。

そうなってくると、結果的には集客力勝負です。

行政書士に限ったことではないのですが、別に本だしてなくても、ブランディングしていなくても、集客力さえあればOKなんです。

素晴らしいサービスを提供している事務所より、大したことないサービスでリスティング1位2位に出している事務所の方が仕事獲得できます。

悲しいけど、そういうもんです。

集客力がない事務所は、どんな理念も、素晴らしいサービスも日の目を見ることはありません。

だからサイトを作らないといけないし、そのサイトに広告を打っていかないといけません。

そしてそれをいくつ作っていけるかで、安定感も増していくわけです。

稼いでいる人はみんな、複数サイト作ってます。ここで。

→ http://www.gyousei-blog.com/

そして必ず広告打っている。

これ絶対です。(鉄板パターンです)

それが嫌なら、データ屋から名簿を買って、システムで一気にDM配信システムもあるのでアナログ戦法でやっても良いでしょう。

ま、新人がこれやると先輩老害行政書士から理不尽なストップ命令とか嫌がらせが無きにしも非ずですが(笑)。

営業手法なんて決まりきっているわけですから、「何をやったら良いかわからない」なんてあり得ないと思うんですね。

ただ単に、金がかかるだけの話です、どの方法を取っても。

サイトたくさん作って全部に広告出して、アナログ営業もやる。

そうすれば毎月仕事に困るなんてことないし、顧客が増えてくれば自然と安定はしますよね。

逆算して考えると、開業時にお金がかかることはわかりきっているのですから、それを計算に入れた資金計画を立てることが重要です。

ハッキリ言って、行政書士登録費用とかOA機器の購入費用とかはゴミみたいなもんで、サイト制作費や広告費の方が断然金かかります。営業ツールですから。

つまるところ、こんなもんですね。

「放っておいても勝手に仕事が来る」くらいの状況を自ら意図的に、能動的に作っていかないと事務所安定なんてしないですよ。

商品・サービスは大して変わんないだから、単純に集客力勝負なんですよ。

まとめ。

四の五の言わず、サイト5,6個作って、全部にPPC打ってください。

その中から稼ぎ頭のサイトにより愛情と広告費を注いでいけばいいです。

サイト1,2個作って成果が出ないとか泣き言言っていると、永遠に事務所安定なんて夢のまた夢ですから。

前回記事で齋藤先生が非常に重要なマインドを書いてくれましたが、同時にビジネス的な視点も当然に忘れてはいけないわけで。

実際、齋藤先生は大成功している行政書士セレブですからね(笑)。

もちろん、最初からしっかりした理念で必死にもがきながら6年頑張ってきたからですが、ビジネス的な視点も忘れていなかったですね、新人の時から。

今となっては経済的にも精神的にも余裕綽々ですから(笑)。

顧問先も多いから安定収入だし、単発も取れるし、高単価業務も取れるし手離れの良い収入も確保しているしで、まあ僕が知る中でもうまく行っている行政書士ですよね。

皆さんも一つずつ着実に構築していってくださいね。

いきなりは出来ませんし、最初から安定はしないですから。

<スポンサードリンク>

【2,400人が読んでいる日本最大級の行政書士専門メールマガジンのご案内】

24歳で開業。現在11年目に突入。開業3ヶ月目で売上100万円突破。2年目に事務所を法人化。月商700万円超。売上倍増の軌跡と、「金ナシ、コネナシ、実務経験ナシ」の弱者でも成功できる行政書士開業ノウハウを、余すことなく無料で公開中。メールマガジン購読者限定の特典もあります。

ご希望の方はメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。
解除はいつでも可能です。

「この記事は役に立った」と思っていただけましたら、下のボタンより、共有をお願いいたします。今後の記事更新のモチベーションUPになります!


このエントリーをはてなブックマークに追加

◇次のページ → 第102回:5つの失敗事例から学ぶ。行政書士開業成功への近道。

過去のコラム・バックナンバーはこちらから

Copyright(C)2017 行政書士開業.com ~現役行政書士による開業コラム・実務書式集~ All Rights Reserved.