インターネットから仕事を取る為に本当に大切なこと:コラム第73回。

TOPページ > インターネットから仕事を取る為に本当に大切なこと:コラム第73回。

コラム第73回:インターネットから仕事を取る為に本当に大切なこと

インターネットから仕事を取る為に本当に大切なこと。

これってなんでしょうか?

検索エンジンで上位表示させること?

これでは、完全正解はあげられません。

正解は、

「自分の提供できるサービス」と「お客様のニーズ」を汲み取ったキーワードで検索エンジンで上位表示させること。

です。

その人の心理(購買心理)と取ると思われる行動(購買行動)を考えてみましょう。

<ここから>

どうやら「電子定款認証」というシステムを使えば、印紙代4万円が節約できてお得らしい。

電子定款認証を出来るのは誰でも良いわけでなく、電子定款認証に対応した行政書士という人らしい。

報酬はかかるけど、4万円浮くから差し引きしてもお得なんだ!

ヤフーでその専門家を探してみよう。え~っと、「電子定款認証」で検索・・・・

ありゃ、ヒットしたけど、これ東京の人だ。

しかも、ホームページに電子定款の認証と言うのは、会社を設立する都道府県内の公証役場でしか出来ないって書いてあるよ。まいったな。。。

それじゃあ、「北海道 電子定款認証」でどうだ!

おっ、ヒットしたぞ。北海道の行政書士さんか。電子定款認証対応って書いてある。金額も2万円か。頼んでも2万円お得だね。顔写真もあるし、報酬金額も明朗だし、問い合わせてみよう。

<ここまで>

どうでしょうか?

インターネット客の心理と行動とは大体こんなものです。

仮にあなたが、「電子定款認証」と言うキーワードでヤフーやグーグルで上位表示を果たしたとしても、その検索した客が自分の業務範囲地域外の方でしたらキャッシュに変えることはできません。

つまり、上位表示をさせる前に、

・自分のサービス及びその提供可能範囲

を明確にする必要があります。

○売りたいサービスは電子定款認証

○北海道内でしかサービス提供ができない。

上記のような条件が前提となっている場合、

「電子定款認証」と言う上位表示が難しいキーワードで勝負をかけるより、「北海道 電子定款認証」と言うキーワードで上位表示させるよう試みた方が圧倒的に簡単です。

時間も労力も大幅に節約できるでしょうし、少なくともそのキーワード&地域ではナンバー1になれます。

電子定款認証はあくまでも一例ですが、行政書士業務の場合、地域性の問題をはらんだ業務が多いですよね。

「車庫証明」よりも「北海道 車庫証明」

「飲食店許可」よりも「名古屋 飲食店許可」

「建設業許可」よりも「熊本 建設業許可」

これらの方が検索上位に来る可能性は圧倒的に高いですし、キャッシュに結びつく可能性も高いです。

「インターネットは全国を商圏にする為のツール」と、思われている方も多いかもしれません。

しかし、僕から言わせれば、

「インターネットは地域営業を強化する為の補助ツール」

です。

一昔前なら地場の行政書士に何か依頼する場合は電話帳を使ったのかもしれません。

しかし、今はそれがインターネットに完全移行しつつあります。

電話帳なんてほとんど利用ませんよね?

僕はピザの注文をする時も、パソコンの出張修理をお願いする時も「熊本 + キーワード」でネット検索して電話しますし、東京で仕事している時は当然、「東京 + キーワード」か、「○○区 + キーワード」で検索します。

↑ ↑

自分自身の行動を振り返れば、電話帳広告なんて無意味なのに高いお金払って電話帳広告だしている大ばか者です、僕は(苦笑)

ウチは電話帳にも大きめの広告を載せていますが、それを見て問い合わせをしてきてくれたお客様は「0」です。

まだ5ヶ月程度ですので、もしかしたらここから反響があるのかもしれませんが、このペースでは年間1,2件がイイトコではないでしょうか・・・?

さて、ネットを使って全国的なサービス提供に適した分野とは、

  • 相談業務(特にクーリングオフや離婚など)
  • 会社設立(書類作成のみ、或いは郵送申請可能)

など、数ある行政書士業務の中にも極めて限定的になってきてしまいます。

そこでお勧めなのがマニュアル販売ですね。

意外かもしれませんが、最近は 風俗営業許可マニュアルがかなり売れています。

価格も9,800円。送料も0。

丸々利益で日本全国どこでも提供可能です。

同様に、弊社で販売している会社設立キットも、公庫マニュアルもです。

ちなみに一番売れているのは、最も値段の高い公庫マニュアルです。

繰り返しますが、インターネットからお客様を獲得するには、

○自社のサービス内容
○自社のサービス提供地域

この2点を良く考えた上で、お客様の検索しそうなキーワードを決める必要があります。

<スポンサードリンク>

【2,400人が読んでいる日本最大級の行政書士専門メールマガジンのご案内】

24歳で開業。現在11年目に突入。開業3ヶ月目で売上100万円突破。2年目に事務所を法人化。月商700万円超。売上倍増の軌跡と、「金ナシ、コネナシ、実務経験ナシ」の弱者でも成功できる行政書士開業ノウハウを、余すことなく無料で公開中。メールマガジン購読者限定の特典もあります。

ご希望の方はメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。
解除はいつでも可能です。

「この記事は役に立った」と思っていただけましたら、下のボタンより、共有をお願いいたします。今後の記事更新のモチベーションUPになります!


このエントリーをはてなブックマークに追加

◇次のページ → 第74回:事務所近辺(地元)をよく観察してみよう。

過去のコラム・バックナンバーはこちらから

Copyright(C)2017 行政書士開業.com ~現役行政書士による開業コラム・実務書式集~ All Rights Reserved.