新人がベテランを追い抜く方法:コラム第30回。

TOPページ > 新人がベテランを追い抜く方法:コラム第30回。

コラム第30回:新人がベテランを追い抜く方法。

さて、当サイトのコラムも30回目を迎えました。

今回から2回に渡って、行政書士の齋藤先生に登場してもらいます。

銀座に事務所を構えている齋藤先生は、開業6年目。公益法人制度実務の専門家。日本でも指折りです。全国、引く手数多で活躍されています。

ブログ→知って得した起業・独立で法人をつくる話

ホームページ→一般財団法人設立支援.com

タイトルも刺激的。わくわくしますね。再現性の高い内容ですよ。ではどうぞ。


<新人がベテランを追い抜く方法>

開業したばかりの新人は、基本的には弱者です。

お金が無い。経験も無い。

そんな新人に唯一与えられたアドバンテージ。

それは「時間」です。

開業するタイミングは自分で選べますから、開業するまでの準備期間は自分の判断で好きなだけ確保できます。

また、開業したとしても、すぐにはお客がいないはずです。

やる仕事が無くて、泣きたくなるほど暇なはずです。

そう、時間が十分にあるというのが、新人の唯一の強みです。

その時間を活かすためには、法改正分野に取り組むのが一番だと思います。

法改正分野に対応できるだけの知識を身につけてから開業する。

あるいは、開業してから法改正に備える。

どちらでもいいと思います。

法律はいきなり改正するわけではありません。

数年にわたる改正の議論があってから、具体的な法改正が行われます。

そのタイムラグに十分仕込みをすればいいのです。

自分よりも経験豊富な先輩士業が大勢いる中で、経験の劣る自分が選ばれるだけの合理的な理由があるのか?

普通に考えれば、新人が選ばれる理由なんて全くありません。

ですから、普通に開業したら、多くの新人がそうであるように、残念ながら安売りするしかないのだと思います。

しかし、法改正分野・新しい分野には先輩がいません。

法律自体が未施行であれば、実務経験者はこの世に存在しません。

「他の事務所に勤務した経験が無いから…」

「実務経験が無いから…」

法改正分野であれば、こんなことにも悩む必要もありません。

自分が当該分野をしっかり勉強すれば、自分が第一人者になれます。

仮に、日本中で1番にはなれなくても、自分の地域では、トップクラスの専門家には十分なれます。

士業の仕事は基本的には地域性が強いです。

例えば、銀座の行政書士の事務所に、関東以外から依頼が来ることは基本的にありません。

だから、まずは自分の地域でトップクラスになれる分野を作れれば、それでOKです。

もっとも、実務経験を重ねれば、銀座で事務所を構えていても、全国から依頼がきます。

  • 地元の専門家に依頼したけど、結局、行政から認可・認定が出なかった
  • 地元には対応できる専門家がいないから、出張相談に来て欲しい

実際、私は関西や東北の法人様からもご依頼・ご相談を頂きます。

ちなみに、既存分野に取り組むことは、いつでもできます。

行政書士会主催の研修会なんかもありますから、勉強する機会もあります。

しかし、既存分野で先輩士業を上回るパフォーマンスを発揮することは、相当難しいはずです。

既存分野を取り扱う場合、先輩士業を上回るパフォーマンスを発揮できなければ、しっかりとした売り上げにはつながりません。

新人の多くが陥る失敗として、開業当初から、競争相手が多い行政書士業務として確立されたメジャーな分野に手を付けてしまうことです。

自分から負け戦をしかけて、路頭に迷う結果になるのは当然です。

難しいことは後回しにして、勝ち易きに勝つ。

敵がいない場所で戦う(=戦わずして勝つ)。

これが弱者である新人の基本だと思います。

次回コラムは、「法改正分野に取り組むための心構え」について書きたいと思います。

<スポンサードリンク>


【2,200人が読んでいる日本一の行政書士専門メールマガジンの案内】

24歳で開業。開業3ヶ月目で売上100万円突破。2年目に事務所を法人化。現在月商700万円超。
売上倍増の軌跡と、「金ナシ、コネナシ、実務経験ナシ」の弱者でも成功できる行政書士開業ノウハウを余すことなく無料で公開中! ※メールマガジン購読者限定の特典もあります。

ご希望の方はメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください

「この記事は役に立った」と思っていただけましたら、下のボタンより、共有をお願いいたします。今後の記事更新のモチベーションUPになります!


このエントリーをはてなブックマークに追加

◇次のページ → 第31回:法改正分野に取り組むための心構え

過去のコラム・バックナンバーはこちらから

Copyright(C)2017 行政書士開業.com ~現役行政書士による開業コラム・実務書式集~ All Rights Reserved.