月収300万超えの行政書士事務所が共通して行っているたった1つの基本行動とは?【保存版】

TOPページ > 月収300万超えの行政書士事務所が共通して行っているたった1つの基本行動とは?【保存版】

【完全保存版】
月収300万超えの行政書士事務所が共通して行っているたった1つの基本行動とは?

飲食店も行政書士事務所も、繁盛店は同じことをやっている。

飲食店も行政書士事務所も、繁盛店は、やっていることは基本、同じ。

「いやいや、行政書士業界は特殊だから、やり方も、方法論も違うんじゃないの?」

そんなことはありません。

スターバックスやモスバーガー。マクドナルドに吉牛、ミスタードーナツ(ジャンクばっか。たまに食べると美味しいよね。笑)などのメジャーどころや、町の小さな繁盛店や名店。

どこもきちーんとお金かけて、マーケティング・集客をしてます。

商品開発にも力を入れている。美味しい料理、商品を提供している。

店員の対応も素晴らしい。挨拶ができる。笑顔を絶やさない。商売の基本&鉄則に忠実。だから、繁盛するんですね。

稼いでいる行政書士事務所にも共通して同じことが言えます。

業種は問わず、どこも、やることやってる。

「俺は専門家であり国家資格者、一般市民とは違うのだ」

変なプライド持ってませんか?そんなチッポケなプライドはさっさと捨てましょう。

「お客さんに感謝される」行政書士になる。

実務が出来なければ、客は逃げていく

  • 行政書士の愛想が悪い
  • 身だしなみがだらしない
  • 最低限のビジネスマナーが備わっていない

こんなのは論外ですね。

これらは出来て当たり前として、行政書士の商品である「実務」について考えてみましょう。

ホームページ、チラシ、事務所の内装。

どれだけお金かけて、集客しても、商品=実務が完璧でない事務所は、絶対に儲かりません。

行政書士の実務って、ただ書類を作るだけじゃなくて、広義で言えば、

  • 電話応対
  • メール応対
  • 面談応対
  • 各種書類&資料精査・収集
  • 依頼者との円滑なコミュニケーション
  • 役所との円滑なコミュニケーション
  • 紹介者との円滑なコミュニケーション

これらすべてを包括します。

事務所運営に必要となる日々のオペレーションなども全部ひっくるめて、「行政書士の実務」です。一個でもおろそかにしてはなりません。

で、これら広義での実務、細かな作業は、数と経験さえ積めば、サービスの質を担保しつつ、マニュアル化が可能です。マニュアル化は、稼いでいる行政書士事務所は、どこもやっています。

この辺を理解・準備できていない新人さんは、この業界に入ってきても、正直、苦しいでしょうね。いち新人が、組織的に実務に取り組んでいる行政書士事務所に勝てる見込みは圧倒的に少ない。

依頼者の目は、年々厳しく、シビアになってきている。

依頼者の目は、確実に厳しくなっています。経済が上り調子のときは、多少の粗悪品でも買う層がいたでしょうけど、今は違います。ネットもあるし。

行政書士を信頼できなければ、お金は払いません。

「この事務所は依頼するに値する信頼感がある」と思って初めてお金を払ってくれるのです。

我々が最優先で一番になすべきことは、明確。

依頼者の「信用を得る」ことです。

儲かっている事務所はこの「商売の基本」を押さえています。

でも、新人さんはこの辺が分からずに、甘い気持ちで開業しちゃうんです。なんとかなるやろ!と思っちゃうのですね。

これが間違い。

開業したから、新人だからと、甘やかして仕事をくれるのは身内や知人、友人だけ。それも最初の半年、1年くらいのものです。あとは知らん顔。

準備不足で開業しても、失敗する確率は100%。まではないにせよ、ほぼ3年以内に99%は廃業しちゃうでしょうね。

信用が無いまま開業しても、ジリ貧になる可能性が高いです。

どうすれば新人が信用を得れる?実務を素早く、確実にこなす方法

行政書士で言う信用とは?なんだと思いますか?

実務です。

その実務力を上げるため、信用力をアップをするためには、何をすべきでしょうか?

実務経験もない新人行政書士が、経験豊富・百戦錬磨の行政書士と闘うにはどうすれば良いでしょうか?

答えは簡単です。

設備投資です。

お金を使うしかありません。有料ですが、こちらで販売している運営書式を買ってください。お金は、時間を買うためにあるのです。

行政書士事務所運営書式集フルセット

この商品は、面談時のヒヤリングシートや、契約書の類が業務ごとにすべて入っているので、新規客の面談対応、業務受任時において、信用面で大きなプラスになります。

面談時にこれらの書式があるのと無いのとでは、成約率にも天と地ほどの差が出ることでしょう。

いくらサイトにお金をかけて、事務所借りて、良いスーツ買って、ってして集客ができたとしても、

  • 面談でおろおろしたり、
  • 業務受任時に適当な契約書を提示したり、
  • 書式が全然揃っていなかったりしたら、

依頼者は逃げていきます。依頼者は、絶対にあなたに頼む必要があるわけではない。少しでもあなたに不安を感じたなら、即、断ってくるでしょう。

ネット上にいくらでもあなたの代わりはいるのですから。

信用力アップの武器。行政書士事務所運営書式フルセット

我々ももうすぐ開業して10年になりますが、今もずっと使い続けている書式(各種運営資料・委任状・委任契約書等)を全て詰め込んでいます。

信用力のアップと共に、依頼者との無用なトラブルも防いでください。

実務力もてっとり早く手にしたい方は、こちらから各業務を選択して、購入してください。

行政書士実務キットダウンロードセンター

複数購入の場合は、割引もありますから、少しでも安くとお考えの方はこちら(キット複数購入【割引販売】)も御覧ください。

もうこの際全部買ったほうが安いじゃん!とお感じの方は、上記ダウンロードセンター内にある、フルセットをご購入ください。

(フルセットに関しては、今後も商品を追加していきますので、早めの購入がお得になっています。※今は商業がメインですが、民事系のキットも投入予定です)

安易な気持ちで、開業しないでください。

行政書士なんて食えない。ほんと、うるさいほど、言われていますね。そんなことないのですよ。ほんとに。

でも、決して、簡単ではない。これも真実です。

血の滲むような努力と、個々人の「絶対に成功してやる」という強い気持ちが必要です。

後は、今日書いたことを行動に移して頂くのみ。

  • 商品である実務力を常に磨き続けてください。
  • 信用を得るための商売の仕方を自分の頭で考え、実行してください。
  • 当たり前のことを当たり前のようにできる事務所・組織体制を整えてください。

以上、参考になれば幸いです。

<スポンサードリンク>

【2,400人が読んでいる日本最大級の行政書士専門メールマガジンのご案内】

24歳で開業。現在11年目に突入。開業3ヶ月目で売上100万円突破。2年目に事務所を法人化。月商700万円超。売上倍増の軌跡と、「金ナシ、コネナシ、実務経験ナシ」の弱者でも成功できる行政書士開業ノウハウを、余すことなく無料で公開中。メールマガジン購読者限定の特典もあります。

ご希望の方はメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。
解除はいつでも可能です。

「この記事は役に立った」と思っていただけましたら、下のボタンより、共有をお願いいたします。今後の記事更新のモチベーションUPになります!


このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のコラム・バックナンバーはこちらから

Copyright(C)2017 行政書士開業.com ~現役行政書士による開業コラム・実務書式集~ All Rights Reserved.